2023/01/31 院長の一言 〜明日から2月〜

早いもので、1月も今日が最後となりました。
寒波のためか、最高気温が1桁の日も多くあった今月でした。
テレビでは美味しそうな鍋料理の特集をよく見かけます。
鍋料理の締めはご飯を入れて雑炊にしたり、うどんを入れて煮込んだり、
最後まで美味しく楽しめるのも鍋料理の良いところです。

ヒトは前歯が無くなると、うどんや蕎麦が食べにくくなり、大変不便になります。
というのも前歯は口腔の入り口にあり、一番最初に食べ物を噛み切る重要な役割だからです。
また、前歯は目と共に顔の中心にあり、顔の印象を決める大事な要素であると共に
言葉を発する際の発音にも関係します。

あなたの前歯は健康ですか?歯石や着色が付いたり、虫歯になったりしていないですか?
清潔で健康な口元を維持するには、定期的な歯科健診が大切です。
引き続き、不安なことがありましたらお気軽にご相談下さい。
お問合せお待ちしております。

2023/01/20 院長の一言 〜抜歯の原因について〜

大事な歯を抜かざるを得ない原因
第一位 歯周病…37.1%
第二位 虫歯…29.2%
第三位 歯の破折…17.8%

歯周病はブラッシング不足で食べかすなどの汚れが歯の周り、特に歯の根元に付着し、
それを餌にした歯周病菌が急激に繁殖して歯の周りの組織(歯ぐきや歯を支えている骨など)
にダメージを与え、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。
高齢になると、筋力や免疫力が少しずつ落ちてきます。そのため、歯肉の炎症が進みやすかったり、
虫歯の進行が早まったりする場合があります。
ひと月、あるいは3か月に一度の定期健診やクリーニングを行うことで
いつまでも若々しく、元気に会話が出来たり、楽しく食事ができたりする源となります。

ご自身あるいは周りで歯に関して不安を抱えていらっしゃる方はいませんか?
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
お口の健康のお手伝いを是非させて下さい。ご連絡お待ちしております。

2023/01/06 院長から皆様へ 〜新年のご挨拶〜

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

コロナ感染者数の増加や寒波襲来で暮れた令和4年でした。
今年はウクライナの戦争も平和に終結し、穏やかに過ごせる1年になって欲しいと
切に願うばかりです。

今日から通常診療スタートとなります。
お口に関する事は、痛み等が出にくく、気づきにくいため
症状が出ていなくても定期的なチェックが大切です。
何かご心配なことがありましたらお気軽にご相談下さい。

2022/12/27 院長の一言 〜年末年始のご挨拶〜

一段と、毎朝の気温が低くなる朝を迎えて、
冬本番という季節になりました。
クリスマスも終わり、いよいよ年末に向けて
帰省するらしき人を駅のホームで見かけるようになりました。
テレビや新聞の広告で、お正月のおせち料理を目する機会が増えました。

子供の頃、母親がお鍋いっぱいの黒豆を石油ストーブの上に乗せ、
長時間煮込んでいたことを思い出します。
黒豆は、『一生まめまめしく働けるように』という願いが込められていると言います。
今の私が、この歳まで元気で働けるのは、母親の願いが込められた黒豆を
沢山食べてきたせいかなと、この歳になって感謝しています。

今年もスタッフを含め、元気にクリニックで過ごす事が出来て、
嬉しく幸せに思います。
以前より当院に通って頂いた患者様はもちろん、
今年になって初めていらして頂いた患者様、
本年もありがとうございました。
また来年も、皆様のお口の健康に携われるよう、
私もスタッフも元気いっぱい笑顔で頑張って参ります。
2023年もたきもと歯科クリニックをどうぞ宜しくお願い致します。

2022/12/20 年末年始の診療時間について

たきもと歯科クリニックは

今年の診療は12月29日木曜13時まで。
来年の診療は1月6日金曜9時から通常診療が開始となります。
(※冬休みの間は留守番電話になっております。ご了承下さい。)

年末年始、皆様が健やかにすごされますよう、
何かご心配なことがありましたらお気軽にご相談下さい。


2022/12/20 院長の一言 〜冬を迎えて思う事〜

年末が近づいてきた。
昔は12月に入ったとたんに、商店街ではジングルベルが鳴り響き、
クリスマス商戦でどのお店も活気付き、私達の気持ちも浮足立ったものだった。
しかし最近は、以前のような賑やかさは無いものの、工夫を凝らしたイルミネーションが
鮮やかに輝いて、私たちの目を楽しませてくれるようになった。
12月も後半となり、この冬一帯の寒気の影響で
スキー場は例年の雪不足が嘘のように、今は豪雪となっている。

あと少しで今年も終わりだ。
初めての行動制限の無い今年の冬。
心から安心して、皆で賑やかに楽しいお正月を迎えられる時が来るのも近いかもしれない。

2022/12/12 院長の一言 〜天文学者から古代史研究家へ〜

いよいよ今年も残すところ3週間あまりとなりました。
本格的な冬到来という寒さですね。
皆様も暖かくしてご自愛下さい。

冬の澄んだ夜空に満月が光々と輝いているのを見ると、
ふと友人を思い出します。

私の同級生で患者であるT君は
大学で天文学を専攻し、三鷹の天文台に勤務していた。
ある時彼は古事記にある天照大神の故事は皆既日食ではないかと考えた。
日本には文献が無いので、
中国の古文書(当然全て漢文である)にある日食の記載した部分を解読し、
その日時から日本における皆既日食の日時を計算で割り出す。
そのことから古事記の天照大神の故事はいつ頃の出来事かを推定する研究を行っている。
彼は今や古代史研究家になってしまった。

本当にすごい奴が我が友達だと思うと、日々の診療の力になります。
ありがとう!わが友T君!(本人の前では言えないので…)

今月も寒さに負けず、
スタッフと皆で元気に診療しております。
引き続きお口に関するお問い合わせもお待ちしております。
お気軽にどうぞ。


2022/11/22 院長の一言 〜高齢化の波〜

日本では【団塊の世代】が後期高齢化に達する3年後には
人口の30パーセント以上の3500万人に達すると言われており、
【認知症高齢者】は300万人以上と予想されています。
年を重ねるに従い、全身の筋肉は衰えていきます。
そして筋力低下により、噛む力や噛む持続力が衰えて、
柔らかな食事を好むようになってきます。

噛むことで、唾液の分泌は促進されますが、
柔らかいものばかり食べると、
必然的に噛む回数は減っていきます。
噛む回数が減ると、唾液の分泌量が減少し、
そこに飲み込む力、飲み込む筋肉の衰えが合わさって
【誤嚥】を誘発することになります。

唾液量の低下は、口腔内の雑菌を増殖させます。
その様な、雑菌だらけの口腔内で食事を摂り、誤嚥すると、
雑菌まみれの食べ物が誤って気道に入り、肺に送られます。
そして、肺が炎症を起こし、肺炎になってしまいます。
これが、【誤嚥性肺炎】です。

新聞を読んでいると、高齢の有名人の訃報が掲載されていますが
【肺炎】と記載されていることが多いと感じています。
筋力の衰えは、手足だけではありません。
噛むときに使う筋力も合わせて鍛えて頂ければと思います。

お口周りの筋肉のストレッチや、唾液腺の機能向上のためのマッサージのやり方等
ご興味がある方はぜひご相談ください。
歯科衛生士が、ご自宅でもできる簡単な方法をご紹介します。

また、よく噛むには、噛み合わせが大切です。
噛みにくくなった、強くどこかが当たる等、
何かお悩みのことがございましたらどうぞお気軽にご連絡下さい。
お待ちしています。

2022/11/15 院長の一言 〜歯痛の頼朝〜

大河ドラマの『鎌倉殿の13人』。
とても興味深く楽しく見ています。
そこで、頼朝は馬から落ちたことが原因で亡くなります。

しかし、そこには驚くべき事実?が隠されていたのを皆さんはご存じでしょうか?

『吾妻鑑』にて、頼朝は亡くなる3年ほど前から(虫歯か歯周病による)歯痛に悩まされ、
夜も眠ることが出来ず、京都の医者に歯痛の薬を送ってもらっていたと記載されています。

歯周病は歯周病菌が全身の血管の中に入り込み、
心内膜炎や動脈硬化、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となります。
歯周ポケット(歯肉溝)が4ミリ以上あると、
健常者に比べて虚血性心疾患(心不全)のリスクが2倍になると言われています。

もしかすると頼朝は、
歯科疾患による心不全が原因で突然死し、落馬したのではないか?と憶測されています。
皆様も、鎌倉殿にならないように、ぜひ【かかりつけ歯科医】にて
歯科健診やクリーニングを定期的に受診して頂くことをお勧めします。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。
お待ちしております。

2022/11/08 院長の一言 〜紅葉前線南下中 11月になりました〜

早いもので、今年も残すところあと2か月弱。
11月になりました。
11月に入り紅葉前線が南下しています。
奥入瀬渓谷や日光、中禅寺湖など、紅葉の名所ュのニュースを
目にすると、何故かデュークエイセス(※)が歌う
 「京都 大原 三千院」の歌詞を口ずさんでいます。

11月から12月、東京のあちこちで紅葉、黄葉を見ることができます。
真冬の厳しい寒さを迎える前の心落ち着くひとときです。
美味しい食事を摂りながら、目に映る紅葉を眺める。実に楽しい時間です。
そこで一言私から。
   「楽しい食事は歯の健康から」

今月も始まったばかりですが、元気に頑張って参ります。
引き続き、治療や検診、クリーニングのご予約、お問合せなど
どうぞお気軽にご連絡下さい。お待ちしております。

※デュークエイセスとは1955年〜2017年まで活動した、
男性4人組のコーラスグループ。「京都 大原 三千院」は
かの有名な永六輔さんが作詞をした『女ひとり』の歌詞である。

たきもと歯科クリニック